駅を撮り、駅を想う

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

駅とキロポストをひたすら訪問記しています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)

全ての県境は峠に通ず (県境メインで、峠や一里塚も)


関ヶ原駅

日本の一大エポックとなった関ヶ原の戦いの古戦場最寄りとしても有名ですが、東海道本線の運行拠点としても興味深いところです。
 f:id:tabisuru_sumiya:20210902170910j:plain
新幹線開通前には急行停車駅でもありましたが、今ではすっかり幹線上のローカル駅として定着した感があります。
f:id:tabisuru_sumiya:20210902171019j:plain
記憶の中では煤けた感じの趣ある駅舎だったのですが、最近更新されたのか現代的な屋根に葺き替えられました。
f:id:tabisuru_sumiya:20210902171131j:plain
関ヶ原町の玄関口ですが、駅前は狭く合戦関係の掲示板がこれでもかと言わんばかりに主張しております。
f:id:tabisuru_sumiya:20210902171240j:plain
先ほど立ち寄った枇杷島駅とは違い、どことなく昭和の雰囲気を残す改札口です。ラッチは自動改札になりましたが、出札口の取り付けがまだ国鉄の雰囲気をそこはかとなく匂わせております。
f:id:tabisuru_sumiya:20210902171413j:plain
構内は2面4線で、どことなく緩急接続が出来そうな雰囲気ですが、このホームで「東海道本線」の上り線は一番端の4番のみ…隣の3番はと言うと
f:id:tabisuru_sumiya:20210902171553j:plain
「東海道本線の」下り線で、専ら貨物列車や特急列車が通過していきます。
では「東海道本線の」下り普通列車はどこから…というと
f:id:tabisuru_sumiya:20210902171705j:plain
1番の「垂井線」からやってくる列車がそれに相当します。
ややこしい限りですが、整理すると1番は垂井線からの東海道本線下り普通列車、2番は折り返し線、3番は東海道本線下り通過列車、4番が東海道本線上り列車、という具合に振り分けられています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210902171929j:plain
ところで基本的に関ヶ原から大垣方面の利用者は4番にやってくる列車に乗ればいいのですが、朝ラッシュ時にはこの駅の配線に起因するこんな列車が…
大垣方を見ると右寄り2番の線路が垂井線に片渡りで分岐しているのが見えるかと思いますが、これは
f:id:tabisuru_sumiya:20210902172049j:plain
f:id:tabisuru_sumiya:20210902172106j:plain
時刻表の「2」から判るように、大垣から関ヶ原行きとして垂井線を走ってきた列車が、2番線で折り返し今きた垂井線を「逆行」する形で垂井へ戻っていきます(もっとも垂井で東海道上りへ転線するので保安上は問題ありません)
f:id:tabisuru_sumiya:20210902172443j:plain
大垣~関ヶ原間は勾配がキツく、当時の非力な機関車ではまともに越せないという事情から緩い勾配の東海道下り線が敷かれた訳ですが、垂井線の存在もまた必要不可欠なことからこの駅の配線は斯様にヤヤコシイものになってしまいました。
が、趣味的にはどこまでも興味の尽きないものであるのもまた事実で、ここを通るたびに鉄道というシステムの奥深さに感じ入ってしまいます。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん