駅を撮り、駅を想う

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

駅とキロポストをひたすら訪問記しています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)

全ての県境は峠に通ず (県境メインで、峠や一里塚も)


枇杷島駅

名古屋から岐阜方面行き普通列車に乗って次の駅です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210902155753j:plain
f:id:tabisuru_sumiya:20210902155805j:plain
構内には2つの駅名板がありますが、この駅が所属する東海道本線以外にも、中央本線の勝川まで伸びる城北線(東海交通事業)の駅があるためです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210902155946j:plain
駅舎。積み木を積み上げたようなスクエアな雰囲気で、更新からかなり経ったようでいい具合にヤレています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210902160050j:plain
駅前。
写真は東口のもので、駅前にはスーパーや事業所がいくつも建っています。
名古屋北部自体が中小の製造事業を営む企業が多く、見えている以外にも中小の工場が無数に点在していました。
駅舎事態は橋上にあるタイプで、
f:id:tabisuru_sumiya:20210902160413j:plain
ホームと隣の名古屋のビル街がはっきりと見えます。名古屋まで4キロ…近いように見えて結構遠い駅です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210902160524j:plain
反対側では東海道線と城北線の分岐が見えます。東海道線と並行している稲沢線(貨物線)から分岐しているのが見てとれます。
f:id:tabisuru_sumiya:20210902160642j:plain
改札口。城北線と共通です。
同社の標準的な仕様で、ある意味改札口を見た目だけで同社のポリシーが判るような気がします。
f:id:tabisuru_sumiya:20210902160747j:plain
構内は2面4線で、うち新幹線に近い側の1面2線の稲沢線下りホームが城北線に充てられています。
貨物列車の時刻との兼ね合いもあってか、本数は名古屋都市圏の鉄道としてはかなり少ないです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210902160949j:plain
東海道線ホーム。
さすが幹線系の駅だけあってホームは城北線より長めです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210902161040j:plain
信号機の多さが幹線の証し、といいますか逆に城北線が申し訳なさそうに信号機を建てているようにも見えます。
趣味的には貨物線に居候する第三セクター鉄道という雰囲気に趣を感じますが、一方で貨物線から完全独立し新幹線の高架の下に食い込む形でもホームがあれば、また違った展開が見れたかもしれないと思うだけに少し残念です。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん