駅を撮り、駅を想う

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

駅とキロポストをひたすら訪問記しています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)

全ての県境は峠に通ず (県境メインで、峠や一里塚も)


新川崎駅

東海道本線(品鶴線)の駅となります。
f:id:tabisuru_sumiya:20210814080055j:plain
出自は貨物線で、横須賀線の東海道線からの分離を果たした時に同線の専用駅的な意味合いで開設されました。
f:id:tabisuru_sumiya:20210814080206j:plain
駅舎。
一応、橋上駅というカテゴリに属しますが、きっちりと駅舎が存在しまるで地上駅的な雰囲気があります。
屋根のくすんだ空色が、またエモさを引き立たせています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210814080337j:plain
武骨な鋼材の骨組みが丸出しで、おそらく国鉄中期~末期開業で節約した結果、と言えますが今となってはこの武骨さが却って頼もしく映ります。
f:id:tabisuru_sumiya:20210814080533j:plain
ところでこの駅、すぐ近くを南武線が走っており150メートルほど先の鹿島田駅とも連絡しています。
ここから川崎駅に行くとするなら、横浜へ出て引き返すか、品川まで出て乗り換えるかですが、南武線だとさほど時間をかけずに向かえるので、重宝されているようです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210814080518j:plain
改札口。
何の飾り気もない、質素な感じです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210814080913j:plain
ホーム。
1面2線の島式ホームで、横須賀線と湘南新宿ラインの列車が発着します。

ところで新川崎駅の隣には
f:id:tabisuru_sumiya:20210814081012j:plain
新鶴見信号場、元の新鶴見操車場が控えており広大なヤードが広がっています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210814081108j:plain
ホームからはJR貨物の新鶴見機関区が見えることから、鉄道ファンに人気の高いスポットになっています。

貨物線出身の路線だけに貨物由来の施設が集中する駅ですが、近年はヤード跡地に企業がやってきたり、付近の住宅地も開発が進み利用者の定着が進んでいるようです。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん