駅を撮り、駅を想う

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

駅とキロポストをひたすら訪問記しています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)

全ての県境は峠に通ず (県境メインで、峠や一里塚も)


倉賀野駅

高崎から大宮方面行きの普通列車に乗って、最初に停まる駅です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210812174842j:plain
古くは中山道の倉賀野宿にそのルーツを持ち、西に向かえば下仁田で東へ向くと伊勢崎や桐生といった下野方面の街に出るという交通の要衝と言われています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210812175240j:plain
駅舎。
高崎線に属し、優等列車以外の系統は全て停まります。
国鉄中期~後期あたり橋上駅舎化されたようで、近代的ながらも何処か古臭さもあります。
f:id:tabisuru_sumiya:20210812175442j:plain
駅前。
街の中心からは外れているようで、商店などはほとんどなく住宅地の中の静かな雰囲気に包まれています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210812175655j:plain
有人駅ではあるようですが、不在時間帯が長いようで、灯りの少なさも相俟って無人駅のような静けさです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210812175819j:plain
高崎線の外に、寄居を通って高麗川や八王子へ向かう八高線が発着します。
高崎線は毎時2~3本ほどありますが、八高線は時間帯によって2時間に1本というのもあって、全体的に静かな駅です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210812180048j:plain
高崎方面行きホーム。
首都圏のJR駅にしては珍しく、かさ上げがされておらず電車とホームの段差が結構あります。
f:id:tabisuru_sumiya:20210812180213j:plain
大宮方面行きホーム。
こちらも同じです。あまり飾り立てられておらず、どことなく殺伐とした雰囲気です。
ところで倉賀野駅というと、
f:id:tabisuru_sumiya:20210812180342j:plain
現役の旅客・貨物の両方を扱う「一般駅」の資格を持っており、旅客扱いよりも貨物扱いの方がメインに近い状態にあります。
f:id:tabisuru_sumiya:20210812180520j:plain
大宮方に専用線が分岐しており、石油基地や荷扱い倉庫を持つ貨物駅があります。
そして高崎方には、
f:id:tabisuru_sumiya:20210812180802j:plain
高崎操車場への分岐器がズラリと並んでおり、この駅を介して貨物駅と操車場を行き来する貨物列車が一定数設定されています。

国鉄時代は高崎・信越・上越の各線の貨物を束ねる意味で、高崎操車場の貨車の出入りが多く北関東の貨物拠点として君臨していましたが、民営化後は倉賀野駅からの貨物列車を高崎操車場で授受している、という具合になったようで実質的に高崎操車場の貨物扱い機能を倉賀野駅に集約したとも言えます。
f:id:tabisuru_sumiya:20210812181154j:plain
貨物メインの駅らしく、取材中も薬品コンテナを積んだ貨車が貨物駅から引っ張り出されていました。

旅客駅としてはパッとしない駅ですが、貨物駅としては地味ながら手堅く需要をつかみ取っている風に見えます。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん