駅を撮り、駅を想う

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

駅とキロポストをひたすら訪問記しています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)

全ての県境は峠に通ず (県境メインで、峠や一里塚も)


岩国駅

令和の世に残る「一般」駅です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210803143305j:plain
f:id:tabisuru_sumiya:20210803143329j:plain
山陽本線と岩徳線が発着し、岩徳線に便乗する形で第三セクターの錦川鉄道もやってきます。
f:id:tabisuru_sumiya:20210803143440j:plain
かなりスタイリッシュな橋上駅舎に建て替えられました。
かつては戦前からの地上駅舎を民営化後も使い続けていましたが、実情に即したものとして橋上タイプに…徳山、新山口もこのようなスタイルの駅舎に建て替えられています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210803143717j:plain
駅前。
かつてはタクシー乗り場やらバス乗り場、有象無象の店舗がかなり入り乱れて配置されていたのですが、おそらく駅舎改修と共に都市計画で更新されたようです。
かつてのゴテゴテ感が岩国らしさを見せていたように感じましたが、これはこれで便利そうに思います。
f:id:tabisuru_sumiya:20210803144004j:plain
駅舎内は大半が南北の自由通路で、JRが使っているのは1/5程度…よく言えば機能的にまとまっていますが、かつては特急や急行が発着していた頃に比べると今はこれだけで事足りるのかと思うとやや寂しさを感じます。
f:id:tabisuru_sumiya:20210803144225j:plain
f:id:tabisuru_sumiya:20210803144239j:plain
かつての駅本屋と直結していた1番と0番ホーム。0番はほぼ錦川鉄道専用のようです。
ホームに架線がないとこんなにも空が広いんですね…
f:id:tabisuru_sumiya:20210803144405j:plain
山陽本線は2面4線。
特にどのホームがどの方面専用というのは決められていないようです。
広島からの列車はここまでで、新山口や徳山方面はほぼ乗り換えが必要です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210803144619j:plain
一番最初に書いた「一般駅」というのは旅客と貨物を同じ駅で扱う場合に用いられる言葉ですが、岩国駅はまさにそうで旅客を扱う一方で駅の東側に広がる日本製紙という紙工場から製品をコンテナに積んで、この駅の側線に引き込み出荷されます。
f:id:tabisuru_sumiya:20210803145008j:plain
駅横に広がる電留線もかつては貨物ヤードで、ここを発着する貨物列車は時の流れでコンテナ列車になっていまいました。
が、形はどうであれ岩国駅発の荷物があって全国へ向けて発送されるという、原始の鉄道駅の機能が綿々と受け継がれているというのは大いに特筆すべきだと思われます。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん