駅を撮り、駅を想う

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

駅とキロポストをひたすら訪問記しています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)

全ての県境は峠に通ず (県境メインで、峠や一里塚も)


糸崎駅

数ある山陽本線の駅の中でも、「栄光」と「凋落」をこれほどまでに併せ持つ駅はないと思います。
f:id:tabisuru_sumiya:20210803114444j:plain
同社の岡山支社の電車は、西隣の三原駅まで行きますが三原駅自体は広島支社の所属。
一方で、この駅は岡山支社の所属ながら広島支社の列車の終点として使われています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210803114659j:plain
1892年の山陽鉄道開業の頃からの駅で、駅舎自体は何回か更新されていると思われますが、国鉄時代の雰囲気がそのまま残っています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210803114833j:plain
この駅出入口に設けられた庇の古さも、この駅の歴史の古さを物語っているかのようです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210803115003j:plain
駅前を国道2号が走っていますが、幹線とは言えバイパスが出来た昨今とあっては長閑さばかりが漂っています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210803115143j:plain
駅舎内は屋根の深さゆえ薄暗く、それがまた歴史を感じさせます。
つい最近までは有人駅でしたが、今は無人に…それでも自動改札機がついて時代に即していこうという姿勢が見受けられます。
f:id:tabisuru_sumiya:20210803115333j:plain
改札を抜けるとホームを一望でき、これから旅に出るという気分が高まるレイアウトです。
こういう雰囲気の駅、改装されたりしてなかなか見かけなくなりやや寂しい限りです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210803115524j:plain
案内サインは同社の最新のものに取り替えられてはいますが、元々の古さは隠しきれないようで「昭和」を強く滲ませています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210803115703j:plain
構内。
2面4線は私鉄的なものですが、かつて国鉄時代は急行のほとんどと、JR化も寝台特急が停まっていた時期があり、なおかつここで乗務員の交替を行っていたことから、これでも手狭ではなかったでしょうか。
f:id:tabisuru_sumiya:20210803115956j:plain
その証拠にホームが長く、12両近い編成を悠々と停められる余裕のある造りになっています。
今は最大でも8両…やや持て余し気味ですね。
f:id:tabisuru_sumiya:20210803120114j:plain
運行上の「拠点」だった名残が駅横に広がるこのヤード群で、かつては貨物列車もここに引き込まれ組成分解されたり三原止まりの優等列車をここに取り込み滞留させたりしたと言われており、草むした現在の状況が信じられないくらい活気があったのでしょう。

岡山と広島の電車がやってきては側線に入り次の列車の時間までのんびりと佇む…一見、時が止まってるかのようなこの駅が、かつては数多くの特急や急行、貨物列車を受け入れていたとは誰が信じるでしょうか。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん