駅を撮り、駅を想う

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

駅とキロポストをひたすら訪問記しています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)

全ての県境は峠に通ず (県境メインで、峠や一里塚も)


日当山駅

仕事帰りで隼人駅まで戻り駅前のバス停を見るとちょっとした時間があったので、時間まで駅めぐりをば…
f:id:tabisuru_sumiya:20210716162822j:plain
肥薩線自体は何度も乗っていますが、途中の駅に降り立ったというのは極めて稀で、こういう小さな駅で降りるのはまさに初めてです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210716162945j:plain
駅前広場から見ると木造の立派な駅舎があるように見えますが、見えているところ全部が待合スペースの屋根なんですよね…
f:id:tabisuru_sumiya:20210716163034j:plain
駅前広場。
公衆電話以外何もありません。
ただ付近を見渡すと、住宅地が広がっておりそれなりに利用はありそうなロケーションです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210716163126j:plain
「駅舎」の中(厳密には待合スペースですが)
椅子が少しだけでがらんとしています。屋根が深いので日差しがきつい南九州にあっては、比較的過ごしやすいでしょうか。
f:id:tabisuru_sumiya:20210716163229j:plain
1面1線の構内で、まさに「停留所」スタイル。
九州の鉄道黎明期、海側の現行の鹿児島本線が出来る前まではこの駅を通る肥薩線が「鹿児島本線」だった訳で、それにしては質素すぎる…と思ったのですが、駅自体は昭和33年開設と比較的同線では「最近」の開設です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210716163451j:plain
同駅は「ほたる駅」という副題がついており、近くの用水路でホタルが見られるとか…宅地化が進んでるように見えて、まだまだ自然が身近な駅のようです。
【令和3年7月21日訂補】

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん