駅、時々県境

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

「行ってみました」をリニューアルし、駅と県境に特価した訪問記です

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)


本由良駅

何の予備知識もなく行ってみました。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619190516j:plain
元々は阿知須という駅だったそうですが、宇部線に本阿知須という駅が出来たのを機に、昭和26年にこのあたりの字名を駅名にしたようです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619190748j:plain
木造モルタルの駅舎です。全体的にヤレた感じで何もかもがくすんだ色になっているのがまた雰囲気があります。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619190856j:plain
駅前。
民家が駅付近を取り囲むようにある以外は、
f:id:tabisuru_sumiya:20210619190932j:plain
基本的に林や原野といった感じの風景が広がっています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619191007j:plain
f:id:tabisuru_sumiya:20210619191017j:plain
国鉄末期には無人化されたようですが、出札口やチッキ受付台、簡易的ですが改札ラッチがそのまま残っていて、今にも駅員さんが出てきそうな感じです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619191142j:plain
構内は2面3線で、1番は新山口方面行きホームとなります。
改札付近だけ屋根が少しあるだけであとは野晒しというのも国鉄時代の駅としては当たり前の仕様でした。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619191313j:plain
2番と3番は島式ホームですが、2番は保守線的なものになっており、それですらもう使っていないような錆び方をしており事実上の廃線と言えましょう。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619191447j:plain
使っていない線路の草むした感じが、寂しさを通り越して今や「わびさび」の心境にもあるような感じです。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん