駅、時々県境

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

「行ってみました」をリニューアルし、駅と県境に特価した訪問記です

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)


筑後船小屋駅

鹿児島本線と九州新幹線との接続駅ですが、有機的に結合していないため個々に紹介していきます。
【鹿児島本線】
f:id:tabisuru_sumiya:20210619110652j:plain
元々は今の位置よりも北にありましたが、新幹線建設が進んでいくにつれ今の位置に移転しました。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619110759j:plain
立派な駅舎ですが無人駅で、これは旧駅時代から変わりません。
民家や大きな公園があって利用者はそこそこいるのですが…
f:id:tabisuru_sumiya:20210619110906j:plain
駅前。
目の前に九州新幹線の筑後船小屋駅が…
連絡橋でもあるのかなと思いましたが、そういった施設はなくロータリー内を歩いての接続のようです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619111020j:plain
構内。
2面2線というのも旧駅時代から変わらず。移設されたということもあって、まるで新駅なような佇まいです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619111123j:plain
近くに福岡ソフトバンクホークスのタマホームスタジアムがあり、試合のある日はこの駅も賑わうとの事。

【九州新幹線】
f:id:tabisuru_sumiya:20210619111224j:plain
計画段階ではこの駅は設けられる予定はなかったと言われており、「政治駅」と揶揄されています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619111331j:plain
茶色と白のタイルでしょうか、交互に組み合わされていてデザインの良さを狙ったかのような駅舎です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619111432j:plain
駅前。
目の前には鹿児島本線の筑後船小屋駅があります。
ここまで近ければ連絡橋を作ればいいのに…と思いましたが、元よりタダでさえ利用者が少なそうな駅なのに、ここでの乗り換え客にハナから期待はしていないという意志の表れでしょう。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619111620j:plain
高架下を使った屋外待合スペース。
雨の時はやや辛いですが、さっき紹介したサッカースタジアムへ向かうグループ客の待合場所としては最適ではないでしょうか。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619111740j:plain
エキナカなどなく、福岡ソフトバンクホークスの選手の紹介ポスターばかりが目立つコンコースです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619111849j:plain
f:id:tabisuru_sumiya:20210619111835j:plain
構内。
2面3線の配線で、鹿児島中央方面のホームのみ島式で待避もしくは緩急接続が可能です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619112014j:plain
いろんな意味で中途半端な駅なのでさぞダイヤも…と思ったのですが、列車が無いのは上下とも午前中の1時間だけで、後は毎時1本を確保しています。
上り早朝と下り夜間には数本ながら「さくら」の設定もあり、新大阪方面への直行便も一応はやってきます。

やや貶し気味に書いてしまいましたが、無意識下のうちに「なにも別駅にしなくても高架下で同一の位置に駅を置けばいいのに」という不満が出てしまったのかもしれません。
ただ先ほどの野球場をはじめ、駅周りは「筑後広域公園」という大規模な公園があってそれなりに利用者が見込める駅であることは間違いないでしょう。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん