駅、時々県境

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

「行ってみました」をリニューアルし、駅と県境に特価した訪問記です

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)


田原坂駅

熊本市内の駅、というよりはあの「田原坂」の最寄り駅と言った方が通りは良いかもしれません。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619134551j:plain
この地名で僕は九州での「原」は「はる・ばる」と読むのを覚えたようなものです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619083858j:plain
待合室が駅舎代わりで、僕の記憶をたどれば嘗てはもっと質素な待合室だったはずで、一度はリニューアルされていると思います。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619084017j:plain
駅前。
ひたすら田んぼばかりで、駅へ続く坂は意外と急勾配です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619084059j:plain
券売機はなくSUGOCAリーダーが置いてあるだけで、文字通り「がらんどう」な待合室です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619084155j:plain
複線の本線に2面のホームが張り付いている、といった感じの構内で、跨線橋がある以外は一切の飾り的なものはありません。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619084306j:plain
「田原坂」とは明治初期に発生した西南の役の合戦場を差す言葉のことで、官軍と薩摩藩士を中心とした反乱軍との戦争がここ田原坂で行われました。
後世になっていろいろと評価が出ている西南の役ですが、この田原坂の戦いが明治政府の方向性が決まったのではないでしょうか。
f:id:tabisuru_sumiya:20210619084556j:plain
近代日本で将来の帰趨を決する戦争が、こんなに長閑なところで行われたというのは、俄かに信じがたいものがあります。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん