駅、時々県境

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

「行ってみました」をリニューアルし、駅と県境に特価した訪問記です

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)


南熊本駅

昔見た鉄道関係の雑誌で良さげだと思ったもので…
f:id:tabisuru_sumiya:20210618185042j:plain
国鉄時代は熊本駅の隣の駅でしたが、民営化後に平成駅が出来て…レイアウトはJR九州そのものですが、フォントがやたら力強いのは何故なんでしょうか…
f:id:tabisuru_sumiya:20210618185232j:plain
何日か前に山陽本線の戸田駅を褒めちぎりましたが、こちらも負けるとも劣らずの貫禄を見せてくれました。
戸田駅が女性的ならば、南熊本駅は男性的な芯の太さを感じます。
f:id:tabisuru_sumiya:20210618185341j:plain
車寄せの屋根を支える柱にも飾りがあって、どうみても昭和初期的なものを感じましたが、
f:id:tabisuru_sumiya:20210618185518j:plain
開業は大正期の1914年…さもありなんです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210618185558j:plain
無人駅で、感覚的に出札口が待合室に飛び出していないか、と思います。
嘗てはもっと壁よりにあったのではと推測されます。
f:id:tabisuru_sumiya:20210618185702j:plain
今の駅舎の天井では見かけない造作にしばし見とれ…天井に見とれている僕を見た利用者からはさぞ不審者そのものだったでしょう(笑)
f:id:tabisuru_sumiya:20210618185851j:plain
改札を抜けると屋根を支える柱がこれまた…作り替えるんじゃなくて、レストアにレストアを重ねて維持している関係者の方の努力に脱帽します。
f:id:tabisuru_sumiya:20210618185957j:plain
構内は2面2線で列車が行き違えるような配線になっています。
向こう側の熊本行き列車が発着する向こうに芝生の広場が広がっていますが、
f:id:tabisuru_sumiya:20210618190110j:plain
ここにはかつて貨車を留置しておく側線群(ヤード)があったと言われています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210618190219j:plain
そういった貨車をやりとりする職員も大勢いたようで、安全の旗を掲げて立っていたポールの基礎が残っていました。

仕事帰りにいきなり行った格好になりましたが、思わぬものに出会えた感じがして疲れが吹っ飛んだような気がします(笑)

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん