駅を撮り、駅を想う

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

駅とキロポストをひたすら訪問記しています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)

全ての県境は峠に通ず (県境メインで、峠や一里塚も)


新岩国駅

山陽新幹線の駅の中では、極めて静かな駅の1つかも知れません。
f:id:tabisuru_sumiya:20210616090659j:plain
山陽本線の岩国駅からはかなり離れており、速達性を求められる新幹線とあっては直線的に線形を取らざるをえなかった事情が垣間見られます。
f:id:tabisuru_sumiya:20210616090830j:plain
開業当初の雰囲気が未だに残る、僕自身が好きな「古臭い近代的」な駅舎が現役です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210616090927j:plain
駅前は緑多めのロータリーと駐車場があるだけで、付近には日貸し駐車場はたくさんあるものの商店等は少なく、住宅街を形成している以外は山の中です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210616091102j:plain
駅入口にはこんなモニュメントが…岩国の白蛇伝説は割と有名ですが、駅にこんな展示がされてるとは初めて見ました。
f:id:tabisuru_sumiya:20210616091223j:plain
がらんとしたコンコースにエキナカと呼べそうなのはこのセブンイレブンだけ…質素なものです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210616091629j:plain
飾り気のない改札内コンコース。
団体客をここに誘導して列車まで待ったらいい、という感じで設けられたのかも知れません。今ではトマソン的な空間になっています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210616091319j:plain
ホームにあがると駅のすぐそばに山…設計時にはなんとか平野部に駅を、の考えに考えぬいてここにかろうじて隙間があった、って感じで建設されたのが見て取れます。
f:id:tabisuru_sumiya:20210616091507j:plain
その山向こうには山陽自動車道の高架橋が架かっており、向こうもひたすら山の中をトンネルでぶち抜いて、ようやくこの駅の近くに出れた、という感じです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210616091924j:plain
広島方面行きホーム。
こちら側だけ緩急接続か可能な構内配線になっています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210616092021j:plain
博多方面行きホーム。
新幹線駅のオーソドックスなスタイルのホームが延びています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210616092111j:plain
錦帯橋のタペストリーが飾られており、ここが観光拠点であることを思い起こさせます。
f:id:tabisuru_sumiya:20210616092228j:plain
ふと下を見ると保線基地と共に電留線が延びています。広島駅発着の便のうち、こちらに引き上げてきて所定の時間まで待機しているのでしょう。
f:id:tabisuru_sumiya:20210616092356j:plain
朝こそ本数はそこそこ設定されていますが、データイムは1時間に1本…新幹線駅ながら秘境駅的な雰囲気すら感じさせます。

新幹線駅というと喧騒に包まれたものというのが通り相場なイメージがありますが、上毛高原駅(上越新幹線)や安中榛名駅(北陸新幹線)にも似た、新幹線駅でありながら緑の中の静かな雰囲気を持っている駅もある、というのが興味深いものを感じます。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん