駅を撮り、駅を想う

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

駅とキロポストをひたすら訪問記しています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)

全ての県境は峠に通ず (県境メインで、峠や一里塚も)


梅小路京都西駅

駅名としては安直な気がしないでもないですが…
f:id:tabisuru_sumiya:20210613151452j:plain
近くに梅小路機関区があったり、梅小路駅(現在は京都貨物駅)という貨物専門の駅があったりたことから、新駅としては梅小路が入るのは順当なところでしょうけど京都西、はもう少し捻れなかったのか…というのが正直な感想です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210613151658j:plain
2019年開業で、山陰本線の新駅としても最も新しい部類になります。
f:id:tabisuru_sumiya:20210613151755j:plain
1階のコンコースは太めの柱が目立つ以外は質素なもので、大勢の利用者を捌くことを想定しているようです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210613151857j:plain
構内は2面2線。片側がスラブ道床でもう一方が普通道床というあたりにこのあたりの線増工事の跡が見てとれます。
f:id:tabisuru_sumiya:20210613152037j:plain
隣の丹波口駅まで800メートル…「指呼の間」というのはこういうのを言うのでしょうか。
f:id:tabisuru_sumiya:20210613152216j:plain
f:id:tabisuru_sumiya:20210613152229j:plain
駅の横にこのような高架橋が沿って並んでいますが、これは東海道本線の貨物支線の名残でかつては東海道~山陰線の短絡線が通っていました。
駅を作るにあたり、あまり使われていなかったこの貨物支線を廃止しましたが、一部はこのように歩道橋として活用されています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210613152432j:plain
駅前には京都鉄道博物館があり、取材日も子供連れの家族がチラホラとこの駅から博物館に向けて歩いていました。
丹波口との距離の近さも相まって、博物館専用駅の感すらあります。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん