駅を撮り、駅を想う

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

駅とキロポストをひたすら訪問記しています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)

全ての県境は峠に通ず (県境メインで、峠や一里塚も)


保津峡駅

武田尾によく似た雰囲気、という事で…
f:id:tabisuru_sumiya:20210613131825j:plain
山陰本線京都口の保津峡駅です。
武田尾に似た、というのはこの駅も旧線の付け替えで川沿いにあった駅が移転した、という意味です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210613131952j:plain
山あいの無人駅で、付近に民家はなく秘境駅的な雰囲気があります。
しかしそれでいて「京都市内」なんですよね…
f:id:tabisuru_sumiya:20210613132053j:plain
駅前にはロータリーと駐車場がいくつか…この近くの水尾という町には民家がまとまってあるという事なので、きっと駅までは車なのでしょう。
f:id:tabisuru_sumiya:20210613132202j:plain
2面2線の構内配線で、普通列車のみが停まります。
駅の両側がトンネル、という意味でも武田尾に似たものがあります。
f:id:tabisuru_sumiya:20210613132319j:plain
駅の下は桂川(保津川)で、橋梁の上に駅があります。
遠くの崖沿いに山陰線の旧線が残っており、トロッコ観光鉄道として活用されています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210613132536j:plain
取材日は雨でしたが、何か空気までしっとりした感じで、列車に乗る乗らずに関わらずこういう空間で自分の身を静かに置いて落ち着きたくなる、そんな空間がこの駅にはあるように思います。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん