駅を撮り、駅を想う

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

駅とキロポストをひたすら訪問記しています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)

全ての県境は峠に通ず (県境メインで、峠や一里塚も)


南四日市駅

キロポストめぐりでこの駅に来たことはありますが、こうしてじっくり見にきたのは久しぶりです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210601150919j:plain
四日市の南にあるので、という単純な駅名で捻りがないと言えばそうなのですが…
f:id:tabisuru_sumiya:20210601151036j:plain
かつては多くの駅員が居た、という感じの大きな駅舎ですが今は無人駅となり、ガランとした印象です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210601151126j:plain
出札口とチッキ受付台がまだ残っており、ここだけ国鉄時代で時間が止まっているかのようです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210601151232j:plain
伊勢線時代のゼロキロポストが静かに駅舎の傍に佇んでいるのが、またいい感じです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210601151328j:plain
1面2線の島式ホームで、駅舎からは構内踏切で向かうスタイルです。
屋根の部分が申し訳程度の長さで、あとは青空ホーム…
f:id:tabisuru_sumiya:20210601151504j:plain
国鉄時代は客車列車がホーム一杯に停まってたんでしょう。短編成化され立ち寄らなくなったスペースに生える雑草がいい具合に寂れた感じをかもし出しています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210601151638j:plain
f:id:tabisuru_sumiya:20210601151657j:plain
この駅は旅客よりも貨物扱いで有名な駅だったのでしょう。ホームの両側にヤードが構成されていました。今は亀山方面ホームの向こうに待避線が1本整備されているだけで、あとは赤々と錆び朽ちていました。

周りが工場できっとこの駅でも貨物扱いが盛んだったのでしょう。今は時折やってくる普通列車と、駅の存在など気づかないように通過していく特急や快速列車を静かに見守っています。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん