駅を撮り、駅を想う

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

駅とキロポストをひたすら訪問記しています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)

全ての県境は峠に通ず (県境メインで、峠や一里塚も)


土山駅

播磨町の玄関口です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210530162619j:plain
普段は普通列車のみ停まる駅ですが、JR神戸線で輸送障害が発生した時はこの駅で折り返し運転を行うことから、遅延時にはよく見かける行き先として知られています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210530162753j:plain
以前は古風な木造モルタルの駅舎がありましたが、橋上化した上で
f:id:tabisuru_sumiya:20210530162840j:plain
自由通路が設けられました。
f:id:tabisuru_sumiya:20210530162904j:plain
駅前は狭く、東側の線路沿いにバスターミナルがあります。
判りにくいですがバスターミナルのあたりはもう明石市で、この駅が明石市を押し分けて飛び出したカタチで存在しています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210530163125j:plain
橋上のスペースはゆったりしており、改札内にはキオスク改めコンビニエンスストアが開いています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210530163214j:plain
f:id:tabisuru_sumiya:20210530163227j:plain
2面3線で、1番は神戸方面で3番が姫路方面の列車が発着しています。
2番は待避線ですが、先述したように輸送障害時の折り返し線として活用されます。

かつてこの駅舎から別府(べふ)鉄道が分岐していましたが、駅があったであろう南側は開発されつくして完全の当時の面影は無くなっています。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん