駅を撮り、駅を想う

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

駅とキロポストをひたすら訪問記しています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)

全ての県境は峠に通ず (県境メインで、峠や一里塚も)


和田岬駅

山陽本線唯一の支線の駅です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210530075355j:plain
この付近にある工場への従業員、社員を輸送するのが専らの使命で、故にダイヤもデータイムは設定されず、朝夕に限定されたダイヤが組まれています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210530075735j:plain
かつては立派な木造駅舎がありましたが、合理化に合理化を重ね今は雨除けの屋根と掲示板が何枚かあるだけ…
かつて駅舎があったあたりにはコンビニが出来ており、ある意味「エキナカ」と言えます。
(外からも自由に出入りできるので、路上の店と言えなくもないですが)
f:id:tabisuru_sumiya:20210530075857j:plain
目の前には三菱重工の神戸工場と地下鉄海岸線の駅があるだけ。付近はそういった工場勤務の客を当て込んだ飲食店が何軒が並んでおり、平日はそれなりに賑わっているようです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210530080052j:plain
1面1線と質素な構内で、客車列車だった頃はホームのない側線があって到着する度に機関車をこの側線に入れて前後を入れ替えていました。
f:id:tabisuru_sumiya:20210530080228j:plain
道路にたどり着く前に線路は途切れていますが、かつては工場内への引き込み線がこの先もずっと延びていたようです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210530080334j:plain
駅舎もなく、券売機や改札機もなくどうやって運賃を…と思っていたら、ちゃんと起点側の兵庫駅で精算できるとの事。

山陽本線で唯一の支線駅であると共に、その運営方法も一風変わっている「おもしろ駅」と言えましょう。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん