駅を撮り、駅を想う

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

駅とキロポストをひたすら訪問記しています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)

全ての県境は峠に通ず (県境メインで、峠や一里塚も)


美作滝尾駅

因美線で以前立ち寄って、「良さげ」だった駅に改めて…
f:id:tabisuru_sumiya:20210528164041j:plain
津山から3つ目。行政区分としては津山市内なのですが、辺りの雰囲気は別の街といった感じです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210528164155j:plain
昨日訪問した芸備線の駅舎並みの渋さです。こちらの方がより原色に近いといいますか、鮮やかです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210528164300j:plain
映画「男はつらいよ」のロケ地にもなった駅のようです。
寅次郎と木造駅舎…確かによく似合っています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210528164359j:plain
駅前です。
通りまでは少し離れています。民家がほとんどで商店は少し離れています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210528164450j:plain
何もかもがよく磨き込まれており、中から駅員さんが今にも出てきそうな雰囲気すら感じます。
「男はつらいよ」のロケ風景の写真が飾られており、この駅の一大エポックだったことを窺わせます。
f:id:tabisuru_sumiya:20210528164623j:plain
これが見れただけでも価千金、といったところでしょうか。
使い込まれたラッチの構造材が程よくヤレているのもポイントが高いです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210528164730j:plain
1面1線のローカル駅らしい配線ですが、前後の線路のしかれ方を見るとかつては2線あってここですれ違いが可能な配線だったと推測されます。
ただ、ホームの跡がないことから上下列車はホームのある線へ入り、通過列車はホームのない線を使ったと思われます。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん