駅を撮り、駅を想う

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

駅とキロポストをひたすら訪問記しています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)

全ての県境は峠に通ず (県境メインで、峠や一里塚も)


矢神駅

矢神純子を思い浮かべる僕はオジサン確定ですね…あ、矢神じゃなく八神か(笑)
f:id:tabisuru_sumiya:20210527161001j:plain
野馳駅に行く途中で、遠くから見て良さげな駅だったので寄ってみました。

f:id:tabisuru_sumiya:20210527161040j:plain
野馳駅よりは小さな駅舎ですが、雰囲気は野馳駅に勝るとも劣らず、よい感じです。
隣のトイレも駅舎と同じようなイメージで揃えてあるのか、そちらも良い感じです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210527161157j:plain
駅前は数軒の民家があるだけ…
f:id:tabisuru_sumiya:20210527161250j:plain
この木製ベンチも国鉄的なよい「小道具」です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210527161353j:plain
金属製ラッチと引き戸の組み合わせは、ローカル駅ならではで、錆び具合も何とも言えない「エモさ」を醸し出しています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210527161519j:plain
東城方面行きホーム。
新見方面行きホームとは千鳥配置になっており、これもローカル駅ならではの配置と言えます。
f:id:tabisuru_sumiya:20210527161612j:plain
この構内踏切で両ホームの行き来を行います。
安全の観点からはあまり好ましくない設備ですが、一日6本の発着ならば問題はほとんど無いのでしょう。
f:id:tabisuru_sumiya:20210527161736j:plain
新見方面行きホーム。
こちらは少し近代的な待合室があります。
f:id:tabisuru_sumiya:20210527161808j:plain
ちょうど新見行き普通列車がやってきました。ドアが開くも乗降客はなく、ほどなく発車…

中国山地を横断する芸備線ですが、一日の運行本数が物語るように、極めて経営環境は厳しいものになっております。
この長閑さは大事なものなのは頭で分かっていても、このままでは路線存続もままならないというのも事実で、ジレンマを感じます。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん