駅を撮り、駅を想う

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

駅とキロポストをひたすら訪問記しています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)

全ての県境は峠に通ず (県境メインで、峠や一里塚も)


東鷲宮駅

おやっ、と思う構造だったので行ってみました。
f:id:tabisuru_sumiya:20210505150600j:plain
駅自体は久喜市の外れにある、何の変哲もない郊外駅です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210505150806j:plain
昭和56年に開設された、国鉄末期の新駅らしい駅舎のデザインです。
可もなく不可もなく、といったところですが逆に言えば一番安定したデザインとも言えます。
f:id:tabisuru_sumiya:20210505150935j:plain
駅向こうにはイオンがあり、それなりに便利なロケーションです。
さて、おやっと思ったのは
f:id:tabisuru_sumiya:20210505151020j:plain
上りが高架上に、下りが地平にホームがあるという形態です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210505151101j:plain
下りホームの向こう側には鉄骨がズラリと…なかなか壮観です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210505151143j:plain
上りはごく標準的な高架駅の風情です。
なぜ片側だけ高架になったのかは、
f:id:tabisuru_sumiya:20210505151226j:plain
大宮方にあるこの新幹線の保守基地が絡んでいるようで、上り線を支障しないように造ったら高架になったという事で…

元は貨物もここで扱おうと計画していたようですが、国鉄末期ということもあり計画は立ち消え。そのまま上り線だけが高架になったまま…という変わった状態に。
色んな経緯で高架化という話は聞きますが、そんな理由で高架化されたというのは初めてな気がします。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん