駅、時々県境

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

「行ってみました」をリニューアルし、駅と県境に特価した訪問記です

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)


国府津駅

上野東京ラインが開通して少なくはなりましたが、都内の東海道線でよく表示幕で見かける駅名だと思います。
f:id:tabisuru_sumiya:20210505092258j:plain
御殿場線が分岐しており、ジャンクションとしての重厚さはあるものの、全体的には落ち着いた駅です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210505092419j:plain
まるで役所のような駅舎ですが、これは乗務員さんが詰める国府津運輸区があるためで、この駅から少し離れたところに国府津車両センターという車庫があることからこういう現業機関が同居するようになったようです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210505092800j:plain
駅前は狭く、バスの乗り場が細長く存在しそのバスも一方通行でやってくるくらいなので、駅前の狭さが判ろうというものです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210505092905j:plain
1番線。
小田原方面行きの列車がやってきます。ホームの端(東京方)あたりまで行くと家々の隙間から相模灘が望めます。
f:id:tabisuru_sumiya:20210505093026j:plain
2、3番線。
主にこの駅止まりの列車だったり、小田原方面行きが入ってきたりと様々ですが、3番線に限って言えばほぼ御殿場線の専用ホームと言えそうです。
JR東日本の領地内にぽつんとJR東海の飛び地がある…そんな感じです。
f:id:tabisuru_sumiya:20210505093302j:plain
4、5番線。
こちらは横浜、東京、新宿方面行きがやってきますが、主に4番線はこの駅始発の列車が入ることから時折、出発待ちをしていると5番線に小田原方面からの列車がやってきて、先発していくことから利用者が早く着く方に向かってダッシュしている光景を見かけます。

一大運行拠点なのに静かな雰囲気、という意味で国府津は黒磯に似ているように思えます。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん