駅、時々県境

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

「行ってみました」をリニューアルし、駅と県境に特価した訪問記です

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)


白坂駅

先日訪問した豊原駅の次の駅です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210504144501j:plain
東北本線の中間駅で、福島県内の駅としては最南端である(JR東日本仙台支社管轄としても最南端)以外は、一見すると何の変哲もない駅です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210504144655j:plain
きっと国鉄時代は木造駅舎だったのでしょう。今はこざっぱりとした建屋になっています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210504144753j:plain
駅前は意外と広く、車で送迎のみならず駐車場も広めにとってあります。
f:id:tabisuru_sumiya:20210504144850j:plain
やはりこの駅もかつては長大編成の普通列車が停まったのでしょう。今は数両だけになったために駅の端ははるか彼方…という感じです。
この駅の特徴としては、
f:id:tabisuru_sumiya:20210504145018j:plain
変則的な2面2線配置の構内である、という点でしょうか。しかも線路に対し必ず右にホームがある、という規則性を持ってます。
f:id:tabisuru_sumiya:20210504145206j:plain
こういう風になった経緯は新白河方面行きのホームへ行けば判ります。
白線が2本走っていることに気づかれたかと思いますが、
f:id:tabisuru_sumiya:20210504145321j:plain
元々ホームは右側の白線までしかありませんでした。今線路が敷いてあるのは特急等の優等列車が走る通過線でした。
反対側(黒磯方面行き)も然りで、
f:id:tabisuru_sumiya:20210504145504j:plain
手前のホームに普通列車が発着していました。もちろん現行の線路は同じ理由で通過線として設定されていました。

先行する普通列車をこの駅でホームのある待避線に入れて、後続の特急が通過線を走って追い抜いて行く…新幹線全盛の現在では俄かに信じられないシーンですが、新幹線開通前は当たり前のように繰り返されたシーンでもありました。
東北本線の南のどんづまりにある平凡な駅は、実は運行上大切な役割をしていた駅だったのです。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん