駅、時々県境

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

「行ってみました」をリニューアルし、駅と県境に特価した訪問記です

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)


板谷駅

鉄道マニアでなくとも一度は行って下さい。損はさせない場所です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210504112518j:plain
奥羽本線、今は山形新幹線が通ったので山形線というべきでしょうか。山形県に入ってほどなくの場所にあります。
f:id:tabisuru_sumiya:20210504112618j:plain
可愛らしいログハウス風の駅舎がお出迎えしてくれます。山の中の駅ということで、それを意識しているのでしょうか。
f:id:tabisuru_sumiya:20210504112724j:plain
ベンチと掲示物があるだけのシンプルな待合室です。そしてここに停まる列車は1日6往復のみ…
f:id:tabisuru_sumiya:20210504112820j:plain
福島方面は待合室を抜ければホームにたどり着けますが、山形方面はこの踏切を越えないとたどり着けません。
ちなみにこの踏切は「新幹線」が通り過ぎますので、くれぐれもご注意を…
f:id:tabisuru_sumiya:20210504113000j:plain
ホームはスノーシェッド(雪覆い)の中にあり、ここが豪雪地帯にあることを物語っています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210504113101j:plain
山形方面行きホームに至っては3両分のみ対応という短さ…何かワケがあるのでしょうか。
ところでこの駅にたどり着くには、
f:id:tabisuru_sumiya:20210504113204j:plain
このスノーシェッドをくぐらなければなりませんが、これこそが在来線時代にあったスイッチバックの遺構の一つであり、
f:id:tabisuru_sumiya:20210504113314j:plain
信号機が残っていることから、ここで列車は一度この線に入って登り坂に挑戦したものと思われます。
f:id:tabisuru_sumiya:20210504113430j:plain
現役時代はここに駅名が書かれていたのでしょう。サビの浮き具合が長い年月ここに晒されていることを物語っています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210504113532j:plain
線路の終端部あたりは架線柱が残っててかろうじてここに鉄道が走っていた事を確認できますが、基本的に自然に還っていました。

ここは車でも比較的近くまで行けますが、ここを走る列車は基本的に新幹線なので、訪問時には充分注意をされるようお気をつけ下さい。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん