駅を撮り、駅を想う

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

駅とキロポストをひたすら訪問記しています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)

全ての県境は峠に通ず (県境メインで、峠や一里塚も)


東北本線~仙石線連絡線

いわゆる仙石東北ラインの「ミソ」となるところです。 
f:id:tabisuru_sumiya:20210503075410j:plain
平成に入ってから計画はあったようですが、電化方式や諸設備の調整がつかず、契機となったのは東日本大震災。ネットワークの多重化による移動手段の確保が大きな理由のようです。
塩釜駅から快速の石巻行きに乗車。この時点ではまだ東北本線の列車です。
開通以前だと小牛田までいかないと乗り換えられなかったので、これは便利です。
f:id:tabisuru_sumiya:20210503082615j:plain
何本かのトンネルを抜けると、閉塞信号に「東北」と「仙石」の開通を示す補助信号のついた信号機が見え始め、連絡線が近いことを示しています。
ちなみに真横をあおば通からの仙石線が並行しています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210503082729j:plain
分岐にさしかかる前に場内信号機に似たものが現れ、仙石線側が開通していることを示しています。

f:id:tabisuru_sumiya:20210503082841j:plain
f:id:tabisuru_sumiya:20210503082852j:plain
東北本線をダイナミックに片渡りで横断し、いよいよ連絡線へ。
f:id:tabisuru_sumiya:20210503082931j:plain
電化方式が違うので連絡線は非電化です。安全側線を踏み越えてほどなく、
f:id:tabisuru_sumiya:20210503083032j:plain
仙石線と合流するための出発信号機を踏み越えます。ここにも当然ながらというか安全側線が付いています。
f:id:tabisuru_sumiya:20210503083202j:plain
そして何事も無かったかのように、仙石線の列車として石巻を目指します。

非電化区間があるため、使用車両は気動車になるのですが、普通の気動車ではなくハイブリッドタイプのHB-E210型という気動車が充当されています。

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん