炭屋さんの「行ってみました」

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

趣味分薄め。出先で立ち寄ったところをカテゴリ別にUPしています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います

こちらもよろしくです



行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

炭屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)



国道2号旧道(山口市鋳銭司)

国道を走っていると、急に線形が良くなって走りやすい区間がありますが大概はバイパスが出来て、それまでの道は旧道になっています。
f:id:tabisuru_sumiya:20191116094845j:plain
山口市を走る国道2号で、小郡バイパスを抜けると不意に広めの市道が左に分かれて行きます。これが先述した旧道化した国道2号です。
写真の右側が現道で手前が旧道です。
f:id:tabisuru_sumiya:20191116095122j:plain
逆光で判りにくいのですが…分岐してすぐに防府までの距離と近くの町までの距離を示した旧タイプの青看が残っています。
f:id:tabisuru_sumiya:20191116095239j:plain
旧道時代のこのあたり、意外と線形は良く現在の市道のレベルでみればかなり極上の部類に入ると思われます。
f:id:tabisuru_sumiya:20191116095410j:plain
四辻駅前に架かる歩道橋に「徳山」の青看が残ってました。昔の幹線国道では当たり前のようにあったやつです。
f:id:tabisuru_sumiya:20191116095526j:plain
四辻駅は目の前ですが駅舎は向こう側…その代わりという訳でもなさそうですが防長交通のバス停が立ってました。
f:id:tabisuru_sumiya:20191116095647j:plain
分岐して1~2キロで現道に合流します。その先にも、
f:id:tabisuru_sumiya:20191116095732j:plain
現役時代の路面が、だいぶ荒くなってはいましたが残ってました。これの有無でどちらが旧道かが容易に見分けられます。

これだけ線形の良い道が旧道になった経緯は謎ですが、恐らくこのあたりで山陽道が近づいており、インター(山口南)を設けるにあたって旧道の位置では取り付け部の建設が困難と判断されたのかも知れませんね…旧道もなかなか奥が深いものです。