駅、時々県境

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

「行ってみました」をリニューアルし、駅と県境に特価した訪問記です

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)


JR西日本

岩国駅

令和の世に残る「一般」駅です。 山陽本線と岩徳線が発着し、岩徳線に便乗する形で第三セクターの錦川鉄道もやってきます。 かなりスタイリッシュな橋上駅舎に建て替えられました。 かつては戦前からの地上駅舎を民営化後も使い続けていましたが、実情に即し…

糸崎駅

数ある山陽本線の駅の中でも、「栄光」と「凋落」をこれほどまでに併せ持つ駅はないと思います。 同社の岡山支社の電車は、西隣の三原駅まで行きますが三原駅自体は広島支社の所属。 一方で、この駅は岡山支社の所属ながら広島支社の列車の終点として使われ…

神代駅

この駅名をぱっと見で「?」となる程度には難読な部類になると思います。 酷似している駅名に岡山県西部の旧国名「備中国」の名を冠した、伯備線の備中神代駅があります。 山陽本線に属し、毎時2本ほどの列車が岩国や徳山方面へ行き来しています。 駅の規模…

四辻駅

撮れる時に撮っておけ、という教訓を得たような気がします。 新山口から広島方向に向かって次の駅です。 最近建て替えられたようです。 以前は木造の風格ある駅舎だったのですが… 駅前。 この雰囲気は変わっていません。階段の横で植わっている松の木が木造…

本由良駅

何の予備知識もなく行ってみました。 元々は阿知須という駅だったそうですが、宇部線に本阿知須という駅が出来たのを機に、昭和26年にこのあたりの字名を駅名にしたようです。 木造モルタルの駅舎です。全体的にヤレた感じで何もかもがくすんだ色になってい…

長門本山駅

ご存知、小野田線の支線の終着駅です。 ここも学生時代から今まで機会あるごとに立ち寄ってきたところですが、こうしてじっくり見るのは初めてだったり… 駅舎はなく、唯一の建造物が待合室… 駅の雰囲気が以前来た時よりも荒れているような気が… 行き止まりの…

(陽)戸田駅

ここも通る度に良さげな駅、とは思っていたのですが訪問するのは今回で2回目という… 読みは「へた」ですが、漢字だけだと埼京線の戸田駅(とだ)があるためきっぷの券面には埼京線と区別するための「(陽)」表記が付きます。 均整のとれた駅舎で、リニュー…

新岩国駅

山陽新幹線の駅の中では、極めて静かな駅の1つかも知れません。 山陽本線の岩国駅からはかなり離れており、速達性を求められる新幹線とあっては直線的に線形を取らざるをえなかった事情が垣間見られます。 開業当初の雰囲気が未だに残る、僕自身が好きな「…

梅小路京都西駅

駅名としては安直な気がしないでもないですが… 近くに梅小路機関区があったり、梅小路駅(現在は京都貨物駅)という貨物専門の駅があったりたことから、新駅としては梅小路が入るのは順当なところでしょうけど京都西、はもう少し捻れなかったのか…というのが…

保津峡駅

武田尾によく似た雰囲気、という事で… 山陰本線京都口の保津峡駅です。 武田尾に似た、というのはこの駅も旧線の付け替えで川沿いにあった駅が移転した、という意味です。 山あいの無人駅で、付近に民家はなく秘境駅的な雰囲気があります。 しかしそれでいて…

南矢代駅

高校生の頃に福知山線の列車に乗ってて、篠山口の手前にやたら小さな駅があると、30年以上経った今も印象に残っていたので行ってみました。 国鉄時代は普通列車なのに通過していた列車もあったくらいショボかった駅ですが、今は毎時2本が停まる立派な(?)…

武田尾駅

色々とネタが満載な駅です。 福知山線の宝塚市内にある駅、と言ってしまえばそれで終わりますが、 とにかく山の中にあります。宝塚市内です… 駅前です。 武庫川の蒼い流れが滔々と…そしてデンと川の真ん中に立てられたら橋脚。これで全部です。 改札口。 当…

甲賀駅

「こうが」とつい言ってしまいますが、正式には「こうか」です。 草津線のラインカラーになった駅名板で、まるでJR西日本じゃないみたいな… 県道側の駅舎。 もともとは地平駅でしたが、橋上駅化されたときにこちら側にも出入口が出来たようです。 元々あった…

南彦根駅

郊外駅の教科書のような駅だったので… 開業は比較的新しく、昭和56年に設けられたとの事。だからかもしれませんが 何となく昭和後期に公共施設に有りがちな、厚ぼったい感じの駅舎になっています。 西口は民家が多いですが、東口は商業地が集まっており、そ…

笠置駅

「大都市近郊エリア」とは思えないくらい、緑に溢れています。 笠置町の玄関口で、案外ここが京都府であることは知られていません(山城国でもかなり南側でどちらかと言うと奈良に近い、というのもあるので) 横にやたら長い駅舎で、最近リニューアルしたよ…

土山駅

播磨町の玄関口です。 普段は普通列車のみ停まる駅ですが、JR神戸線で輸送障害が発生した時はこの駅で折り返し運転を行うことから、遅延時にはよく見かける行き先として知られています。 以前は古風な木造モルタルの駅舎がありましたが、橋上化した上で 自由…

京口駅

播但線に寄り道してみました。 姫路を出て最初の駅です。 駅名から察するに、町の入口にある駅的な雰囲気があります。 1面2線の島式ホームで、全体的に古びています。播但線の電化は最近ですがこの駅の高架化は国鉄時代に行われた、という事も関係しているの…

西相生駅

以前赤穂線に乗った時に、土手の上の小駅だなぁ、とちょっと気になったもので… 相生を出た赤穂線の列車が最初に停まる駅で、 1面1線で、姫路と播州赤穂を結ぶ列車が専ら停まるくらいでなんの変哲もありません。 ちょっとほっこりしたのはこの駅舎の佇まい。…

備前福河駅

兵庫県内の駅ですが、岡山県の旧国名が… 元々は岡山県の町として発足したのですが、住民運動で昭和38年に兵庫県赤穂市への編入が認められましたが、駅名はそのまま残ったとの事で… 倉庫みたいな駅舎が特徴的で、建築財産標を見たら昭和29年…無駄を極限まで切…

播州赤穂駅

四十七士の故郷、としてあまりにも有名です。 運行上の拠点としても有名で、これより東はアーバンネットワーク(神戸支社)となりますが、西は岡山都市圏エリア(岡山支社)となります。 橋上駅舎で、お城のようにスラッと横に長く美しい駅舎です。 駅前は広…

御着駅

姫路市の行政的な地域としては「御国野」と言うそうですが… 新快速は通過、すべて普通列車(明石~高槻が快速)のみが停まります。 銀色というか灰色というか…いぶし銀的な屋根の色が印象的な駅舎です。 出札口が「みどりの券売機」になっているあたりに、駅…

上郡駅

アーバンネットワークの西の端となります。 混同されがちなのが、赤穂市に属した駅と思われている記述が結構見受けられますが(手前の有年が赤穂市というのもあるのでしょうけど)、ここはれっきとした上郡町という独立した町の玄関口です。 駅舎も木造モル…

英賀保駅

この駅も地味に難読な駅名ではないでしょうか。 姫路の隣で、「あがほ」と読みます。 駅舎はアーバンネットワーク内でも比較的古めで、木造モルタルの民家を思わせる造りです。 ラッチがそのまま自動改札機になった、という感じでその他の造作はそのままなの…

和田岬駅

山陽本線唯一の支線の駅です。 この付近にある工場への従業員、社員を輸送するのが専らの使命で、故にダイヤもデータイムは設定されず、朝夕に限定されたダイヤが組まれています。 かつては立派な木造駅舎がありましたが、合理化に合理化を重ね今は雨除けの…

美作河井駅

岡山県内の因美線では最北端にあたります。 隣はもう鳥取県です。 駅舎は知和駅とほぼ似たような造りで、若干こちらの方が大きいか… 滝尾、知和と出札口が見事なまでに揃ったデザインなのがユニークです。 昭和初期に出来た駅だそうですが、この時期のトレン…

知和駅

秘境駅一歩手前、といった風情です。 因美線の駅で8往復がこの駅に立ち寄ります。 背後に林を背負い、先ほどの美作滝尾駅ほどの渋さは薄めですが、それでもいい感じに古びた駅舎なのには変わりありません。 街まではこの道だけがアクセス路として存在し、両…

美作滝尾駅

因美線で以前立ち寄って、「良さげ」だった駅に改めて… 津山から3つ目。行政区分としては津山市内なのですが、辺りの雰囲気は別の街といった感じです。 昨日訪問した芸備線の駅舎並みの渋さです。こちらの方がより原色に近いといいますか、鮮やかです。 映画…

矢神駅

矢神純子を思い浮かべる僕はオジサン確定ですね…あ、矢神じゃなく八神か(笑) 野馳駅に行く途中で、遠くから見て良さげな駅だったので寄ってみました。 野馳駅よりは小さな駅舎ですが、雰囲気は野馳駅に勝るとも劣らず、よい感じです。 隣のトイレも駅舎と…

野馳駅

岡山県内の芸備線の駅としては西の端になります。 隣はもう広島県です。一日あたり6往復が停まります。 かなり渋めの駅舎で、有人駅です(といってもタクシー会社の委託ですが) 駅前です。 少し奥を走る通りには、かつて多くの店や旅館があったようですが、…

布原駅

伯備線の駅ですが… 伯備線の普通列車は通過し、隣の備中神代で分岐する芸備線の列車だけが停車します。 ですから実質的に芸備線の駅とも言えます。 元々が列車のすれ違いの為だけに存在した「信号場」だったものが駅(停留所)になったので、駅舎は存在せず…

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん