駅を撮り、駅を想う

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

駅とキロポストをひたすら訪問記しています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)

全ての県境は峠に通ず (県境メインで、峠や一里塚も)


JR東日本

新川崎駅

東海道本線(品鶴線)の駅となります。 出自は貨物線で、横須賀線の東海道線からの分離を果たした時に同線の専用駅的な意味合いで開設されました。 駅舎。 一応、橋上駅というカテゴリに属しますが、きっちりと駅舎が存在しまるで地上駅的な雰囲気があります…

倉賀野駅

高崎から大宮方面行きの普通列車に乗って、最初に停まる駅です。 古くは中山道の倉賀野宿にそのルーツを持ち、西に向かえば下仁田で東へ向くと伊勢崎や桐生といった下野方面の街に出るという交通の要衝と言われています。 駅舎。 高崎線に属し、優等列車以外…

土合駅

この駅はアスリート向けの駅だと思います(感想(笑) なにせこの高低差ですからね…(上・地下ホーム、下・地上ホーム) 上越線の新清水トンネル内に下りホームが、そして上りホームは清水トンネルの抜けた高崎寄りにあります。 いつもは駅舎からupしますが…

水上駅

上越国境を控えた山あいの駅です。 同社の標準的な駅名板のデザインではなく、なんとなくゴシックな雰囲気になっていますが、どうやら「SLみなかみ号」の終点ということで、こういう感じにしているようです。 以前訪れた時は、山小屋風な感じの駅舎でしたが…

八木原駅

上越線の駅はこれが多分、初訪問になります。 高崎や前橋といった都市を離れ、程よく地方的な雰囲気が漂っています。 駅舎。 先日訪問した山陽本線の万富駅同様に、屋根瓦の色が緑系です。 どうやら国鉄時代の管理局ごとの意向が反映されているのかもしれま…

尾久駅

多分この駅で今回の駅めぐりは打ち止め、という事で… 「おぐ」と読んでたのですが、どうやら「おく」と読むようで… 小さな箱があるだけの鄙びた雰囲気の駅ですが、これでも東京都区内の駅です。 以前立ち寄った時に見たこの駅はもっと小さな駅だったように覚…

宮原駅

土呂駅同様に大宮駅の隣にあります。 大宮の町勢に有りそうな感じですが、あのような喧騒感はなく、静かな雰囲気です。 2面4線の構内で待避が可能な配線になってます。 土呂駅のようにシンプルな配線かと思ってたのですが、おそらく大宮支社と高崎支社との境…

上尾駅

上尾市の玄関口です。 大宮からほど近い同駅ですが、大宮の雰囲気はほとんどなく独自の町を形成しています。 大きな傾いた屋根が特徴的です。駅舎自体は橋上駅ですが、周りの建物と接続されているので独立した駅舎という雰囲気はありません。 その大きな屋根…

桶川駅

高崎線にやってきました。 桶川市の玄関口であることから、高崎線においても多数の利用者があります。 2面3線のホームで、こちらは高崎方面行きの列車が発着します。 黒磯駅のように国鉄時代の駅名板が現役で置かれています。 こちらは大宮方面行きのホーム…

土呂駅

大宮から宇都宮方面に向かって最初にたどり着く駅です。 風情を感じる駅名ですが、このあたりの町名からきているようです。 昭和58年に出来た、比較的新しめの駅で地元の請願で出来た、という経緯を持ちます。 橋上駅ですが、屋根のベンガラ色が主張しており…

新白岡駅

何が「新」なのかなと思って行ってみました。 大宮方の次の駅が白岡駅なので、それに対する新駅ということなのでしょう。 調べると昭和62年2月に開業しており、まさに民営化直前に駆け込みで新設された駅ということになります。 橋上駅のスタイルも、国鉄末…

東鷲宮駅

おやっ、と思う構造だったので行ってみました。 駅自体は久喜市の外れにある、何の変哲もない郊外駅です。 昭和56年に開設された、国鉄末期の新駅らしい駅舎のデザインです。 可もなく不可もなく、といったところですが逆に言えば一番安定したデザインとも言…

小山駅

新幹線停車駅ですが、在来線関係だけ… 東北新幹線の他、東北本線や両毛線、そして水戸線もやってくる「要衝」です。 新幹線が停まるだけあって立派な橋上駅(在来線基準)です。 エキナカも立派で、小山駅は「VAL」というのがブランド名のようです。 9、10番…

赤羽駅

東京都心へ向かう列車が集結する北の玄関口です。 京浜東北線、東北本線、東北貨物線(湘南新宿ライン)、埼京線が集まるためなかなか賑やかです。 高架駅ですが、エントランスはなかなかスタイリッシュなデザインです。 駅前は飲食店街が形成されており、バ…

渋谷駅

この駅は全部紹介するとなると大変なことになるので、山手貨物線絡みに限定して… 出自が貨物線という事もあってか、土地の制約が結構厳しく旅客扱いを始めた頃は試行錯誤の連続だったという事です。 お馴染みの駅舎。 東急が移転したこともあって何だか煤け…

武蔵小杉駅

東海道本線(品鶴線)に出来た駅としては最新です。 南武線、東急線と接続しています。 横須賀線口、というのは斬新ですがメインが南武線が有る方や東急線側になっているので、こちらはどちらかというと裏口的な感じになっています。 武蔵小杉と言えばメディ…

国府津駅

上野東京ラインが開通して少なくはなりましたが、都内の東海道線でよく表示幕で見かける駅名だと思います。 御殿場線が分岐しており、ジャンクションとしての重厚さはあるものの、全体的には落ち着いた駅です。 まるで役所のような駅舎ですが、これは乗務員…

鴨宮駅

ここも純然たる郊外駅、という雰囲気です。 小田原市内、という事で町勢的には湘南地方の一つの町なのですが、利用者としては東京や横浜へ向かうパターンであまり地方色は感じません。 駅舎も国鉄中期の橋上駅ですが、階段の付け方に特徴があるため、画一的…

二宮駅

大磯の隣ですが、こちらは全くの庶民的な雰囲気に溢れています。 湘南地方自体が東西に細長い地域なんですが、大磯が別荘地的なイメージがあるとするなら、こちらは下町的な雰囲気を感じます。 足立か台東あたりにある私鉄駅、といってもそんな感じと思わせ…

大磯駅

如何にも東京口の東海道線の駅、って風情です。 財界人とか政治家が住んでる、というビッグなイメージがありますが、よく考えたら湘南地方の小さな町なんですよね。 しかし、この古めかしい駅舎を見ているとやはり「ただ者」じゃない雰囲気が漂っています。 …

黒磯駅

よく立ち寄る割には、乗り継ぎでいつも素通りな駅なので、たまにはじっくりと… 新幹線の駅は隣の那須塩原ですが、在来線の拠点はここ黒磯になります。 新幹線にアタマを押さえられている恰好の駅舎ですが、それでいてさっぱりとした印象です。 那須自体が首…

白坂駅

先日訪問した豊原駅の次の駅です。 東北本線の中間駅で、福島県内の駅としては最南端である(JR東日本仙台支社管轄としても最南端)以外は、一見すると何の変哲もない駅です。 きっと国鉄時代は木造駅舎だったのでしょう。今はこざっぱりとした建屋になって…

板谷駅

鉄道マニアでなくとも一度は行って下さい。損はさせない場所です。 奥羽本線、今は山形新幹線が通ったので山形線というべきでしょうか。山形県に入ってほどなくの場所にあります。 可愛らしいログハウス風の駅舎がお出迎えしてくれます。山の中の駅というこ…

置賜駅

山形に来たので記念的な意味で行ってみました。 行政的には「おきたま」と読むそうですが、駅名は「おいたま」のようです。 簡素な駅舎です。昔は立派な木造駅舎だったそうですが… 駅前。 事業所が一つと民家数軒がある以外は何もありません。 でもこの3本の…

長町駅

仙台の南隣の駅ですが、規模の割に街は大きいです。 仙台都市圏では「住宅地」の集積地的な発展をしており、マンションが駅を中心に乱立しています。 ごく平凡な高架駅ですが、仙台市営地下鉄が乗り入れており、乗り換え駅として多くの利用者が集まっていま…

陸前山王駅

旅客駅というよりは、貨物駅的な風情が漂ってます。 陸前、と旧国名を冠する駅名は比較的少なく、東北本線では唯一の存在です(仙石線に陸前を冠する駅が集中しています) 2面3線の国鉄型配線で、本線であればよく見かける構内です。 トタン葺きの味のある駅…

高城町駅

仙石東北ラインの取材がてら立ちよりました。 仙石線の駅で、松島海岸駅から比較的長めに走ったなと思うと、東北本線との連絡線に合流。川を渡って遠くに松島駅が見えるなーと感じた頃に到着します。 小さな駅ですが、仙石線の生い立ちそのものが仙台の中小…

塩釜駅

色々とレトロなアイテムがあります。 東北本線が塩釜で、仙石線が本塩釜…少しややこしい気がします。 駅舎はごくフラットな郊外スタイルですが、 国鉄時代からあるであろう駅名の切り抜き文字があります。書体がいかにも役所っぽい雰囲気です。 駅前はごくご…

新利府駅

利府支線に乗ったなら、この駅は外せないでしょう。 新、と付くので新幹線の駅っぽいな…と思いましたがそうではなく、 田んぼの中にぽつんと佇むローカル駅です。 実際かなりの田園に囲まれており、ローカルムードが溢れています。 ですが、普通のローカル駅…

越河駅

こすごう、と読みます。 東北本線の宮城県最南端の駅で、福島から来た列車は駅手前までの国見峠を登って、ここでようやく一息をついた、という感じだったそうです。 なかなか立派な駅舎ですが、保線係の詰所的なものなので基本的に無人駅です。 駅前の風情も…

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん