駅、時々県境

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

「行ってみました」をリニューアルし、駅と県境に特価した訪問記です

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)


JR九州

日当山駅

仕事帰りで隼人駅まで戻り駅前のバス停を見るとちょっとした時間があったので、時間まで駅めぐりをば… 肥薩線自体は何度も乗っていますが、途中の駅に降り立ったというのは極めて稀で、こういう小さな駅で降りるのはまさに初めてです。 駅前広場から見ると木…

鹿児島駅

鹿児島本線と、日豊本線の終点の駅です。 運行形態としては日豊線の中間駅の色合いが濃いですが、指宿枕崎線や鹿児島本線からもこの駅止まりという列車が何本か設定されています。 つい最近、建て替えられたようです。 かつては茶色の役所然とした橋上駅舎で…

肥前旭駅

久留米と鳥栖という、九州島内の鉄道駅の中でもビッグネームの駅同士の狭間に位置する小さな駅です。 路線開通時、元々このあたりは旭村という地名で当然ながらその村名を拝借するカタチで駅が開業することになりましたが、四国島内の高知市内を走る土讃線の…

筑後船小屋駅

鹿児島本線と九州新幹線との接続駅ですが、有機的に結合していないため個々に紹介していきます。 【鹿児島本線】 元々は今の位置よりも北にありましたが、新幹線建設が進んでいくにつれ今の位置に移転しました。 立派な駅舎ですが無人駅で、これは旧駅時代か…

田原坂駅

熊本市内の駅、というよりはあの「田原坂」の最寄り駅と言った方が通りは良いかもしれません。 この地名で僕は九州での「原」は「はる・ばる」と読むのを覚えたようなものです。 待合室が駅舎代わりで、僕の記憶をたどれば嘗てはもっと質素な待合室だったは…

南熊本駅

昔見た鉄道関係の雑誌で良さげだと思ったもので… 国鉄時代は熊本駅の隣の駅でしたが、民営化後に平成駅が出来て…レイアウトはJR九州そのものですが、フォントがやたら力強いのは何故なんでしょうか… 何日か前に山陽本線の戸田駅を褒めちぎりましたが、こちら…

西戸崎駅

香椎線の起点の駅になります。 てっきり香椎が起点で宇美方面は別の線路だと勘違いしてました。西戸崎~宇美が香椎線なんですね。 コンクリながらもデザインに少しアクセントがある今風の駅舎です。 嘗ては風格のある木造駅舎だったと聞いてますが、毎日使う…

雁ノ巣駅

香椎線を取り上げるのは初めてです。 昔は海岸線が近く松原もあって、渡り鳥がよく飛来していたことからこの地名になったとか。 さっぱりとした駅舎です。 基礎の跡が見えることから、建て替えがなされたのでしょう。 当然ながら無人駅で、SUGOCAの読み取り…

竜ヶ水駅

日豊本線の鹿児島駅から国分方面へ向かって最初の駅になります。 大きな駅の隣の駅は得てして小さい駅が多い、とはよく言われていますが、ここ竜ヶ水も本当に小さな駅です。 鹿児島から重富までは錦江湾沿いに国道10号、そして日豊本線が海岸線沿いに走って…

郡元駅

鹿児島中央駅から指宿枕崎線に乗り次の駅です。 国鉄末期の1986年12月に開設された駅で、都市部にあって西鹿児島(現在の鹿児島中央)~南鹿児島の駅間の長さを解消した格好になっています。 見ての通り、1面1線と簡素なスタイルで無人駅です。 しかしきっぷ…

飯塚駅

筑豊本線内では中心的存在な駅でした。 もちろん筑豊炭田が全盛期の頃の話です。現在の「福北ゆたか線」の一員としてはややカゲが薄くなった感がありますが… 役所的な雰囲気の駅舎です。昭和45年に改築という石碑があったので、かつてはもっと貫禄のある駅舎…

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん