炭屋さんの「行ってみました」

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

趣味分薄め。出先で立ち寄ったところをカテゴリ別にUPしています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います

こちらもよろしくです



行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)
行くぜ、側線。 側線やら引上線あたりを訪問したら書いています
炭屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)



鉄道

香椎操車場跡

「行くぜ、側線。」に書こうかと思いましたが、後身の千早操車場があるため「跡地」めぐりとして扱います。 跡地の一つがこの千早中央公園で、その他の跡地はマンションや事業所に「分譲」されています。 変わりすぎて何もない、訳ではなくこうして操車場時…

九州鉄道発祥の地

博多駅から少し北西へ離れたあたりに意外なものがありました。 九州鉄道発祥の地の記念碑です。九州の鉄道はもちろん民間が興したものが始まりで、九州鉄道が博多~千歳川(今の久留米に相当)に敷設したものが最初と言われており、博多駅はこの地にあったそ…

羽沢横浜国大駅

去年11月に開業した相鉄線の新駅です。 外観はなかなかシックな佇まいで、「文教駅」を名乗るにふさわしい雰囲気を持っています。 基本的に相模鉄道の駅ですが、(線籍上の)JR東日本の東海道本線としての終端の駅でもあるためこのようなタイトルを持つ看板…

阪神国道駅

あけましておめでとうございます。 新年最初は準地元から… 阪急今津線の阪神国道駅です。 鉄橋を支える橋脚が駅の門になっていて、ちょっとした装飾も柱に描かれていて、なかなかシャレています。 駅前から今津方を見ると無骨な橋梁が走っていますが、おそら…

東海道本線(大垣~関ヶ原)

いわゆる「新垂井ルート」というやつです。 もともと東海道本線は垂井を通ってましたが、25パーミルの連続勾配があって輸送の隘路となっていたことから、後に緩やかなこの新垂井ルートを開通させ下り列車はこちらを通るようになりました 新垂井駅という途中…

新垂井駅跡

「行くぜ、側線。」と共同企画です。 東海道本線で最新の「廃駅」です 写真中央にホームらしき跡がありますが、これが新垂井駅跡です。 駅舎と駅前広場のあったところはフェンスで閉ざされていて、ここに駅があった痕跡すら感じさせません。 とは言え、近く…

(東)荒尾駅

前に(東)を付けたのは、JR九州にも同じ駅名の駅があるので… 駅舎はなくホームと待合室だけ…ローカル私鉄か第三セクター鉄道的なシチュエーションです。 その待合室も木造でよい雰囲気です。もっともよい雰囲気と言ってるのは僕のような懐古主義鉄道ファンだ…

三保駅跡

清水港線の終点にあった駅です。 これは多分公園化された時に設けられたものでしょう。清水港線というのも通称で、正式には東海道本線の清水港支線、というのが正しいとの事。 ホームは現役時代からこの1本だけで、そもそも清水港線自体が貨物線としての使命…

JR鉄道最高地点

野辺山駅から車で走らせると程なく着きます 標高1,375m。訪問時の気温氷点下2℃…夏に来れば良かったです(笑) 小海線の第三甲州街道踏切がどうやらその地点のようです。 線路脇に何か表示があるわけでもなく、この石碑が無ければ素通りしていたかもしれません。…

旧熊ノ平駅

国道18号非バイパスを走っていると、旧信越本線の遺構があちこちで見れますが、ここでは立ち入りが出来る旧熊ノ平駅に行ってみました。 国道沿いに駐車場があり、また横川駅や軽井沢駅からもバスが出ています。但しバスは一日一往復… 階段を上がると…現役時…

交流電化発祥碑

JR東日本作並駅の構内に碑があります 昭和29年に、正確には陸前落合~熊ヶ根で試験が始まり、2年後にここ作並まで延長されました。 当時の日本の鉄道は直流電化が一般的でしたが、のちに送電ロスの少なさや地上設備が割安な交流電化が技術的に実用化のメドが…

一条橋~清和学園前

今日電車に乗ってて気づいた事があります。 とさでん交通軌道線の電停ですが… こちらが一条橋電停です。こじんまりとした電停です。 で、こちら側が清和学園前電停です。学校の看板が出ているのできっと通学時は賑わうと思います。 何に気づいたのかというと…

東岩瀬駅舎

東岩瀬駅、というと富山ライトレールの電停ですが訪問したのは国鉄~JR時代の駅舎です。 リフォームしたての板壁の駅舎です。駅としての機能はなく、今は地域の休憩所的な扱いになっています。 待合室、事務所関係なくブチ抜いて全てを休憩所にしています。…

出雲高松駅跡

廃止された大社線の出雲市寄りの駅です ホームがしっかりと残ってました。住宅地になっているのに整地もされず残っているというのは奇跡にも似た何かを感じます。 これ、白線の跡じゃないですかね…「白線の内側にお下がり下さい」というフレーズが思わず口を…

山崎駅

JR西日本の京都線と呼ばれている路線ですが、ここは正式路線名の東海道本線で… 和洋折衷の静かな佇まいの駅です。付近には阪急京都線の大山崎駅もあり交通の要衝です。 各駅停車が中心に停まる駅で、西側にはサントリーの山崎醸造所があるなど上質な「水」の…

東海道本線・東北本線ゼロキロポスト

長かった出張も終わり東京駅に降り立ったので… 東海道線ホームに出されている駅名板です。そしてその近くには ひっそりと「ゼロ」表記のキロポスト(距離標)が立っています。地味かつ小さなアイテムですが、これが東京~神戸間を走る東海道本線と東京~盛岡間を…

谷汲駅跡

鉄道路線としては廃止された駅ですが、町のランドマークとしては未だ現役です。 名古屋鉄道の谷汲線に属していたこの駅、2001年に廃止されましたが、その跡地は整地される事なくほぼ現役時代のまま鉄道公園的な施設に改修されました。駅名看板も現役時代のま…

木曽川堤駅

ここも名古屋鉄道名古屋本線の駅です。とくに特筆すべきものはないのですが… なるほど堤防の上にありますね。普通列車だけが停まる小さな駅です。 なんの飾りっ気もない、無味無臭な駅ですがこの何も無さが却って清々しさすら感じさせます。 駅の岐阜方には…

西枇杷島駅

名古屋鉄道名古屋本線にある「ちょっと変わった」駅のひとつです 降りると、とにかくホームが「狭い」です。これはなにも狭いところだけ写したのではなく、 駅全体が「狭い」のです。鉄道趣味者にとってはネタ以外のなにものでもなく、ここに来ることが目的…

武蔵野操車場跡

夏休みの18きっぷ散策の第一弾は鉄道繋がりでここを選んでみました。武蔵野線の吉川美南で下車。 比較的新しめの、武蔵野線の中でも新駅の部類に位置します。 西口から外へ出ると ありました。ここに武蔵野操車場があったことを指し示す碑がひっそりと立って…

旧横浜港駅

横浜船渠の遺構を見た後、桜木町駅まで歩いて「あかいくつ」という観光バスで赤レンガ倉庫へ…バス停から歩いて1分ほとで着きました。 貨物駅なのですが、明治~太平洋戦争前まではアメリカ行きの船便に接続した列車をこの駅につけて連絡輸送を形成していたと…

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん