駅を撮り、駅を想う

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

駅とキロポストをひたすら訪問記しています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)

全ての県境は峠に通ず (県境メインで、峠や一里塚も)


2021-05-30から1日間の記事一覧

土山駅

播磨町の玄関口です。 普段は普通列車のみ停まる駅ですが、JR神戸線で輸送障害が発生した時はこの駅で折り返し運転を行うことから、遅延時にはよく見かける行き先として知られています。 以前は古風な木造モルタルの駅舎がありましたが、橋上化した上で 自由…

播但線・姫新線ゼロキロポスト

標柱みたいなものを想像していたのですが… 壁に打ちつけられていました。 場所は姫路駅の播但線ホーム横の壁で、姫新線の起点とはなっていますが、実際の乗り場は西へ10メートルほど行ったところにあります。 かたや陰陽連絡線、一方で伯備線の新見駅を介し…

京口駅

播但線に寄り道してみました。 姫路を出て最初の駅です。 駅名から察するに、町の入口にある駅的な雰囲気があります。 1面2線の島式ホームで、全体的に古びています。播但線の電化は最近ですがこの駅の高架化は国鉄時代に行われた、という事も関係しているの…

西相生駅

以前赤穂線に乗った時に、土手の上の小駅だなぁ、とちょっと気になったもので… 相生を出た赤穂線の列車が最初に停まる駅で、 1面1線で、姫路と播州赤穂を結ぶ列車が専ら停まるくらいでなんの変哲もありません。 ちょっとほっこりしたのはこの駅舎の佇まい。…

備前福河駅

兵庫県内の駅ですが、岡山県の旧国名が… 元々は岡山県の町として発足したのですが、住民運動で昭和38年に兵庫県赤穂市への編入が認められましたが、駅名はそのまま残ったとの事で… 倉庫みたいな駅舎が特徴的で、建築財産標を見たら昭和29年…無駄を極限まで切…

播州赤穂駅

四十七士の故郷、としてあまりにも有名です。 運行上の拠点としても有名で、これより東はアーバンネットワーク(神戸支社)となりますが、西は岡山都市圏エリア(岡山支社)となります。 橋上駅舎で、お城のようにスラッと横に長く美しい駅舎です。 駅前は広…

御着駅

姫路市の行政的な地域としては「御国野」と言うそうですが… 新快速は通過、すべて普通列車(明石~高槻が快速)のみが停まります。 銀色というか灰色というか…いぶし銀的な屋根の色が印象的な駅舎です。 出札口が「みどりの券売機」になっているあたりに、駅…

上郡駅

アーバンネットワークの西の端となります。 混同されがちなのが、赤穂市に属した駅と思われている記述が結構見受けられますが(手前の有年が赤穂市というのもあるのでしょうけど)、ここはれっきとした上郡町という独立した町の玄関口です。 駅舎も木造モル…

英賀保駅

この駅も地味に難読な駅名ではないでしょうか。 姫路の隣で、「あがほ」と読みます。 駅舎はアーバンネットワーク内でも比較的古めで、木造モルタルの民家を思わせる造りです。 ラッチがそのまま自動改札機になった、という感じでその他の造作はそのままなの…

和田岬駅

山陽本線唯一の支線の駅です。 この付近にある工場への従業員、社員を輸送するのが専らの使命で、故にダイヤもデータイムは設定されず、朝夕に限定されたダイヤが組まれています。 かつては立派な木造駅舎がありましたが、合理化に合理化を重ね今は雨除けの…

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん