炭屋さんの「行ってみました」

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

趣味分薄め。出先で立ち寄ったところをカテゴリ別にUPしています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います

こちらもよろしくです



行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

炭屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)



2019-10-03から1日間の記事一覧

六地蔵一里塚

あと数キロで中山道と合流、といったところで、住宅地の中にぽつねんと佇んでいます。 東海道沿いということで、家屋はどちらかというとベテランの部類に属する家が多いのですが、その周りは新興住宅地といってもいいほど垢抜けています。 小ぶりな盛り土の…

吉永のまんぽ

一字違いで大変なことになるワードですが、これも東海道に残る重要な遺産と言えましょう。 見たところただのトンネルですが、下を走っているのが東海道と言われています。そして上はというと 大沙川が流れています…と言いたいのですが、時期的に枯れているよ…

泉一里塚

東海道をテレテレ流していたら、一里塚らしき盛り土が見えたので… ビンゴでした。東海道の泉の一里塚でした。 実際は東寄りの野洲川にあったそうですが、こちらへ移設されたとか。バンバン車が通る国道1号から川一つ隔てたこの地にひっそりと一里塚があるという…

小坂の水口石

東海道の路傍に置かれた石です 家屋の曲がり角に置かれていた、というのがそもそものはじまりで、「力石」という名前があったことから所謂「要石」的な存在だったのかもしれません(そこまで縁起的なものかと言えば疑問符が付きますが) 東海道はこの力石を軸…

近江土山駅

「駅」となっていますが、厳密にはバスターミナルで国鉄バス亀草線の「自動車駅」の名残としてこのような停留所名になっています。 最近建て替えられたようで、以前は長方形の小さな小屋があってバスが回り込むようにして停まっていました。 ただ建て替えら…

垂水斎王頓宮跡

一見神社のように見えますが、厳密には神社ではないとも言えます。 斎王とは伊勢神宮に仕える天皇家出身の巫女のことで、平安時代あたりは盛んに都から伊勢国へ派遣されていました。 頓宮という言葉自体は天皇が滞在した場所、という意味合いで使われていま…

住吉神社

七里の渡し跡からは北へ少し逸れた堤防の上にひっそりと建っています。 このあたりはかつて日本各所から集まってきた廻船のたまり場だっまそうです。 そういった船の航海の安全を祈願して建立されたそうです。 鳥居の中にまた鳥居、というのが稲荷神社以外で…

七里の渡し跡

2ヶ月ほど前に宮の渡し跡を訪問しましたが、あれの三重県側の船着き場の遺構です。 こちらも達筆な書体で彫られた石碑があり、どうやら街道が無くなってからのものと見受けられます。 小ぎれいに整備され公園的な雰囲気にはなってますが、資料によると当時か…

東海道道標

特に珍しいものという訳ではなく、ただ通りがかって気になった案件という感じで… 見事な書体で彫られた石碑で、運転席からも「おっ」という感じでつい見入ってしまいます(もちろん前方は注視しつつ) 一里塚や追分の標識という訳でもなく、純粋に「ここが東海…