駅、時々県境

旅するすみ屋~すみ屋さんだって旅したい~

「行ってみました」をリニューアルし、駅と県境に特価した訪問記です

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)

すみ屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)

グリーン車がついております (グリーン車ネタを中心に色々と)


西日本鉄道 味坂駅

同社には3つの無人駅があるそうですが、ここはその一つです。 久留米駅から福岡行き電車に乗って、甘木線が分岐する宮の陣を過ぎて次の駅がここになります。 駅舎というものはなく、階段の庇があるだけでJRだと臨時乗降場と見間違いそうなくらい質素な造りで…

岩国駅

令和の世に残る「一般」駅です。 山陽本線と岩徳線が発着し、岩徳線に便乗する形で第三セクターの錦川鉄道もやってきます。 かなりスタイリッシュな橋上駅舎に建て替えられました。 かつては戦前からの地上駅舎を民営化後も使い続けていましたが、実情に即し…

糸崎駅

数ある山陽本線の駅の中でも、「栄光」と「凋落」をこれほどまでに併せ持つ駅はないと思います。 同社の岡山支社の電車は、西隣の三原駅まで行きますが三原駅自体は広島支社の所属。 一方で、この駅は岡山支社の所属ながら広島支社の列車の終点として使われ…

日当山駅

仕事帰りで隼人駅まで戻り駅前のバス停を見るとちょっとした時間があったので、時間まで駅めぐりをば… 肥薩線自体は何度も乗っていますが、途中の駅に降り立ったというのは極めて稀で、こういう小さな駅で降りるのはまさに初めてです。 駅前広場から見ると木…

鹿児島本線400キロポスト

日豊線のキロポストと共に、もう一方の鹿児島本線の終点でもある鹿児島駅に立つキロポストでもあります。 3番線の傍らに立っており、その向こうでは再開発が進んでいることから、ともすれば見落とされかねないくらい存在感がありません。 それもそのはずで、…

日豊本線462キロポスト

同線の終点にあたる鹿児島駅構内にあります。 鹿児島中央方面行き列車が発着する1番ホームの屋根下に立っており、ひっそりとした雰囲気があります。 小倉から鹿児島まで、大分や宮崎といった都市を通ってここまでやってきます。 日豊線とは反対側を走る鹿児…

鹿児島駅

鹿児島本線と、日豊本線の終点の駅です。 運行形態としては日豊線の中間駅の色合いが濃いですが、指宿枕崎線や鹿児島本線からもこの駅止まりという列車が何本か設定されています。 つい最近、建て替えられたようです。 かつては茶色の役所然とした橋上駅舎で…

神代駅

この駅名をぱっと見で「?」となる程度には難読な部類になると思います。 酷似している駅名に岡山県西部の旧国名「備中国」の名を冠した、伯備線の備中神代駅があります。 山陽本線に属し、毎時2本ほどの列車が岩国や徳山方面へ行き来しています。 駅の規模…

四辻駅

撮れる時に撮っておけ、という教訓を得たような気がします。 新山口から広島方向に向かって次の駅です。 最近建て替えられたようです。 以前は木造の風格ある駅舎だったのですが… 駅前。 この雰囲気は変わっていません。階段の横で植わっている松の木が木造…

本由良駅

何の予備知識もなく行ってみました。 元々は阿知須という駅だったそうですが、宇部線に本阿知須という駅が出来たのを機に、昭和26年にこのあたりの字名を駅名にしたようです。 木造モルタルの駅舎です。全体的にヤレた感じで何もかもがくすんだ色になってい…

肥前旭駅

久留米と鳥栖という、九州島内の鉄道駅の中でもビッグネームの駅同士の狭間に位置する小さな駅です。 路線開通時、元々このあたりは旭村という地名で当然ながらその村名を拝借するカタチで駅が開業することになりましたが、四国島内の高知市内を走る土讃線の…

筑後船小屋駅

鹿児島本線と九州新幹線との接続駅ですが、有機的に結合していないため個々に紹介していきます。 【鹿児島本線】 元々は今の位置よりも北にありましたが、新幹線建設が進んでいくにつれ今の位置に移転しました。 立派な駅舎ですが無人駅で、これは旧駅時代か…

田原坂駅

熊本市内の駅、というよりはあの「田原坂」の最寄り駅と言った方が通りは良いかもしれません。 この地名で僕は九州での「原」は「はる・ばる」と読むのを覚えたようなものです。 待合室が駅舎代わりで、僕の記憶をたどれば嘗てはもっと質素な待合室だったは…

南熊本駅

昔見た鉄道関係の雑誌で良さげだと思ったもので… 国鉄時代は熊本駅の隣の駅でしたが、民営化後に平成駅が出来て…レイアウトはJR九州そのものですが、フォントがやたら力強いのは何故なんでしょうか… 何日か前に山陽本線の戸田駅を褒めちぎりましたが、こちら…

香椎線ゼロキロポスト

てっきり香椎駅にあったと思ってたのですが、 西戸崎駅の新設されたホームの端の方に立っていました。西戸崎~宇美までが香椎線だったんですね。 総延長はそれほど長くない香椎線ですが、それでもゼロキロポストは他の幹線と同じように立派なものです。

西戸崎駅

香椎線の起点の駅になります。 てっきり香椎が起点で宇美方面は別の線路だと勘違いしてました。西戸崎~宇美が香椎線なんですね。 コンクリながらもデザインに少しアクセントがある今風の駅舎です。 嘗ては風格のある木造駅舎だったと聞いてますが、毎日使う…

雁ノ巣駅

香椎線を取り上げるのは初めてです。 昔は海岸線が近く松原もあって、渡り鳥がよく飛来していたことからこの地名になったとか。 さっぱりとした駅舎です。 基礎の跡が見えることから、建て替えがなされたのでしょう。 当然ながら無人駅で、SUGOCAの読み取り…

長門本山駅

ご存知、小野田線の支線の終着駅です。 ここも学生時代から今まで機会あるごとに立ち寄ってきたところですが、こうしてじっくり見るのは初めてだったり… 駅舎はなく、唯一の建造物が待合室… 駅の雰囲気が以前来た時よりも荒れているような気が… 行き止まりの…

(陽)戸田駅

ここも通る度に良さげな駅、とは思っていたのですが訪問するのは今回で2回目という… 読みは「へた」ですが、漢字だけだと埼京線の戸田駅(とだ)があるためきっぷの券面には埼京線と区別するための「(陽)」表記が付きます。 均整のとれた駅舎で、リニュー…

清流新岩国駅

新幹線駅の片隅で接続しています。 元々は御庄と名乗っており、岩日線という国鉄ローカル線の駅でした。 新幹線駅を出て左にこういう感じの細い通路で駅への連絡通路が延びており、 徒歩5分くらいで駅が見えてきます。 駅舎は存在せず、アンダーパスの下にホ…

新岩国駅

山陽新幹線の駅の中では、極めて静かな駅の1つかも知れません。 山陽本線の岩国駅からはかなり離れており、速達性を求められる新幹線とあっては直線的に線形を取らざるをえなかった事情が垣間見られます。 開業当初の雰囲気が未だに残る、僕自身が好きな「…

梅小路京都西駅

駅名としては安直な気がしないでもないですが… 近くに梅小路機関区があったり、梅小路駅(現在は京都貨物駅)という貨物専門の駅があったりたことから、新駅としては梅小路が入るのは順当なところでしょうけど京都西、はもう少し捻れなかったのか…というのが…

保津峡駅

武田尾によく似た雰囲気、という事で… 山陰本線京都口の保津峡駅です。 武田尾に似た、というのはこの駅も旧線の付け替えで川沿いにあった駅が移転した、という意味です。 山あいの無人駅で、付近に民家はなく秘境駅的な雰囲気があります。 しかしそれでいて…

南矢代駅

高校生の頃に福知山線の列車に乗ってて、篠山口の手前にやたら小さな駅があると、30年以上経った今も印象に残っていたので行ってみました。 国鉄時代は普通列車なのに通過していた列車もあったくらいショボかった駅ですが、今は毎時2本が停まる立派な(?)…

武田尾駅

色々とネタが満載な駅です。 福知山線の宝塚市内にある駅、と言ってしまえばそれで終わりますが、 とにかく山の中にあります。宝塚市内です… 駅前です。 武庫川の蒼い流れが滔々と…そしてデンと川の真ん中に立てられたら橋脚。これで全部です。 改札口。 当…

甲賀駅

「こうが」とつい言ってしまいますが、正式には「こうか」です。 草津線のラインカラーになった駅名板で、まるでJR西日本じゃないみたいな… 県道側の駅舎。 もともとは地平駅でしたが、橋上駅化されたときにこちら側にも出入口が出来たようです。 元々あった…

紀勢本線ゼロキロポスト

紀伊半島一周鉄道の起点は、意外なほどに質素なものでした。 亀山駅で乗り換えしようとしたら、視界にゼロキロポストが入ってきて5番線へ… 亀山から新宮を通り、和歌山市駅まで続く384.2キロの紀勢本線の起点がここ亀山駅です。 亀山駅自体が名古屋、奈良、…

長島駅

名古屋から関西本線の普通列車に乗って、木曽川を渡り三重県に入った最初の駅です。 木曽と揖斐長良の両河川のちょうど中間あたりにあり、近年でこそ宅地化が進んでいますが、かつては民家は少なく辺りは田園地帯でした。 駅舎はなくもちろん無人駅で、この…

大高駅

東海道本線を東から上ってきた場合の、名古屋市内の最初の駅になります。 名古屋市内の駅であることを示す「名」の文字が入っています。 高架駅で、半円の構造物がいいアクセントになっています。 明治時代の開業当初は地上駅でしたが、戦後になって橋上駅に…

三河安城駅

在来線と新幹線の接続駅ですが、実質別の駅とも言えます。 上が新幹線ホーム、下が在来線ホームにある駅名板です。 駅自体は比較的新しく、民営化1年後に開設されています。 在来線は普通列車、新幹線はこだま号のみが停まります。 新幹線側の駅舎。 何とな…

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん