炭屋さんの「行ってみました」

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

趣味分薄め。出先で立ち寄ったところをカテゴリ別にUPしています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います


こちらもよろしくです
行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)
行くぜ、側線。 側線やら引上線あたりを訪問したら書いています
炭屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)
炭屋さんの「書いてみました」(日記のようなものです)
facebook (炭屋さんの顔本です)
炭屋さんの常駐先は「 @ tabisuru_sumiya @ machitodon」(アット前後のスペース削除)で検索


国道139号 静岡・山梨県境

高原の中にあります。 静岡県(富士宮市)から山梨県(富士河口湖町)方面。 富士市から山梨県を通って東京都西多摩へと延びる国道139号が最初に迎える県境です。 朝霧高原という富士山麓に広がる広大な高原の中を突っ切っており、辺りは雑木と牧草地で被わ…

法貴峠

豊能余野から続いていた国道423号の高原地帯がここで終わります。 峠を示すものは何もありませんが、緩く続く坂はこの先1キロほどで終わり、後は亀岡の市街地入口まで急勾配と急コーナーの連続です。 豊能方面は非常になだらかで、快適な高原の道路といった…

国道423号 大阪・京都府境

山の中を走る国道の県境(府境)ですが意外と長閑なところです。 大阪府(豊能町)から京都府(亀岡市)方向。 勾配はほとんど無く、非常になだらかなところで高原のような風情が漂っています。 京都府から大阪府方向。 大阪府方向もなだらかで、水田が目立…

ひいらぎ峠

国道477号沿いにあり、大阪府(能勢町)と京都府(亀岡市)の府境でもあります。 古くは「吉野の関」が設けられており、荘園の年貢の流れを管理したり戦国時代は諸大名がここを通り各地で戦線を展開したりと、畿内でも有数の「チョークポイント」であったそ…

丸山ダム

木曽川に設けられた、国土交通省管理のダムです。 戦後に竣工されたダムだけあって、現在の重力式コンクリートダムのイメージに近づいたスタイルになっています。 それでも天端にクレストゲートがあるあたり、まだ戦前の設計を引きずっているかのようです。 …

大井ダム

木曽川の中流域に設けられた発電用ダムです。 クレストゲートを堤体の天端に設けており、発電用のダムとしてはかなり初期のスタイルです。 常用吐きというものが存在しないので、規定に達するとゲートを開放し放流、という操作基準のため堤体のスタイルはか…

国道19号 岐阜・長野県境

木曽路としては南になる場所で、特筆すべきはこの県境は最近になって北へ移動しています。 木曽川に架かる賎母大橋が県境となります。 下を流れる木曽川は水量こそ少なめですが、川幅は広く洪水期の水量の凄まじさを垣間見ることが出来ます。 長野県から岐阜…

国道20号 山梨・長野県境

甲州街道の信濃(長野)と甲斐(山梨)を分けるポイントですが、山深い2国にあって意外なまでにあっさりとしています。 この新国界橋が県境です。国道といっても対面2車線のこの区間だと、そのあたりの県道市道よりは少しマシかな、というレベルなので見た目…

雁坂トンネル

国道140号に掘られた有料道路のトンネルで、埼玉県と山梨県の県境を越える唯一の道路でもあります。 古くから甲州(山梨県)と武州(埼玉県)は雁坂峠という峠を越える道があり、それだけ往来もあったようです。ただ自動車交通に向いた道ではなかったようで…

雷電廿六木橋

読み方の前半は判りますが後半はサッパリ… 「らいでんとどろきばし」と読むそうです。「秩父往還」「雁木みち」と呼ばれている国道140号に架かるループ橋になっています。 ループの東半分。 ループ橋といえば熊本の人吉ループ橋も夙に有名ですが、人吉ループ…

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん